薄毛が進行してくるととても不安になったり自分に自信をなくしてしまうこともあります。


薄毛を隠すにはいくつかの方法がありますが、その中に植毛という方法があります。

植毛には自毛で行うものと人工毛で行うものがあります。


自毛植毛とは、薄毛が気になる部分に自分の毛を移植して植えつける方法です。
髪の毛を単に植えて増やすと言うのではなく、自分の髪の毛を作るための毛包を移植することで、自分の毛を生えさせていくことができます。
そのため毛が抜け落ちてもまたちゃんと生えてきます。
また自分の毛を移植するので、安全性の面でも安心感があります。


最初の手術費用は移植する本数などによっても異なってきますが、かつらや人口毛で行う場合などと比べると割高です。


しかしそれらにはメンテナンスの費用がかかりますが、一旦、生着してしまうとその後のメンテナンスや買い替えなどといった費用はかかりませんので、長い目で見ると割安と言うことができます。

AGA治療について詳しく説明しています。

植毛した自毛は一度、抜け落ちて生え変わります。
そのため個人差がありますが半年から一年ほど思い通りの効果を得るためには時間がかかります。

人工毛で行う場合は、人口のグラフトを移植するため、元々の毛の量が少ないと言う人でも受けることができます。たくさんの人工毛を移植することができるためはじめから思い通りの髪型にすることも可能ですが、状態を維持するためには定期的にメンテナンスを行う必要があります。

安心安全の植毛の情報を掲載しています。

時がかかっても自分の髪の毛を育てたい、根本的に薄毛を改善したいという人には自毛植毛がおすすめです。



 
Copyright (C) 2016 植毛には自毛と人工毛で行うものがあります All Rights Reserved.